壮絶!難儀な私の子宮ちゃん

アラサー会社員による、子宮内膜症と不妊治療との闘いをご覧ください。

ところで子宮内膜症ってなに?

現代女性に増加している"子宮内膜症"。よしだもその一人です。

"子宮内膜症"という名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、「ところで子宮内膜症ってなんだっけ?」という情報を今回まとめてみました。

外部リンクでセルフチェックもできますので生理痛に悩まされている方は、ぜひ症状をチェックしてみてください。

そして不安に思うことがあれば、悩まずに病院にかかってくださいね。

 

子宮内膜症とは、本来子宮の内側にしか存在しない子宮内膜あるいはそれとよく似た組織が、なぜか子宮以外の部位に発生し、増殖、剥離を繰り返す病気です。

生理のたびに出血しますが、血液を排出することができないため炎症をおこしたり、周囲の組織と癒着をおこしたりして痛みをもたらします。

発生する場所は、卵巣、卵管、腹膜などさまざまですが、よしだのように膀胱にできてしまうケースや、稀な部位としては腸や肺にできてしまう方もいます。

なぜ本来子宮の内側にしか存在しない子宮内膜が他の部位で発生してしまうのかは諸説あり不明ですが、良性の病気のため、命にかかわるものではありません。

 

この子宮内膜症、現代病ともいわれていて、自覚の有無を問わず生理のある女性の10人に1人がかかっているともいわれています。

20~30代で発症することが多く、治療をしても再発してしまうことが多いため閉経まで付き合っていかないといけない病気でもあります。

 

下記リンク、厚生労働省が運営している『女性の健康相談室 ヘルスケアラボWEBサイト』にて子宮内膜症の症状セルフチェックができますので、自覚症状のある方もない方もぜひチェックしてみてください。

w-health.jp

 

子宮内膜症の主な症状は「痛み」と「不妊」ですが子宮内膜症の発生部位によって痛みの出る場所も様々であり、子宮内膜症あってもなかなか病院で見つけてもらえないこともあるようです。

また、子供ができないな・・・と思って病院を受診したところ子宮内膜症が発覚したという方もいらっしゃるようです。

 

もしあなたが自分の体に異変を感じているなら我慢することなく医師に相談してください。パートナーが生理痛に悩まされているという方は、病院へ行く後押しをしてあげてください。

産婦人科に馴染みのない方は、気後れしてしまうこともあるかもしれませんが、産婦人科だからといって緊張してしまわなくて大丈夫です。

体はひとつだけ、手遅れになる前にぜひ自分に優しくしてあげてくださいね。

 

 

ここまでお読みくださいましてありがとうございます。

経験を踏まえ情報を調べながらこの記事を書きましたが、何かお気づきの箇所や修正すべき箇所があればコメントいただけると助かります。