壮絶!難儀な私の子宮ちゃん

アラサー会社員による、子宮内膜症と不妊治療との闘いをご覧ください。

初めての採卵体験談

病院帰りに処方箋をもって薬局にいくと、毎回薬剤師さんから「今日はどうしました?」と確認されます。

それは薬を処方する職業として必要な質問なのだと理解していますし、こちらもできるだけ詳細を伝えようと協力する意思はあるのですが、不妊治療をしている身としては、待合スペースで待っている他の人たちには聞かれたくなーい!!!

プライバシーもあったもんじゃない。あれ、どうにかなりませんかね。

さて、今回はそんなよしだの採卵体験談です。

f:id:mpcug:20210308234448p:plain


 

今年の1月22日に夫婦2人で病院へ行き、体外受精を始めるにあたっての説明を受けました。

それから約1か月半後の今日、3月8日に初めての採卵を経験しました。

もうね・・・、痛い!!!二度とやりたくない!!!というのが率直な感想です(涙)

 

よしだは子宮内膜症の治療としてジエノゲスト(ディナゲスト)という薬を飲んでいるため、自然な排卵ができません。不妊治療をするにしても選択肢はなく体外受精一択でした。

ジエノゲストの服用をやめればタイミング法や人工授精という選択肢も出てくるのですが、生理=恐怖・苦痛でしかないよしだにとってジエノゲストを手放す勇気はなく、いきなりアクセル全開の体外受精への道を選びました。

※といっても、たぶん胚移植の前には服用を中止して通常の生理サイクルに戻す必要があります。コワイヨー。

 

そんな具合ですので、今まで約1か月もの期間、フォリルモンPという注射を2~3日に1回打ってもらい(最後の方は毎日)卵胞を発育させてきました。

ジエノゲストを服用しているせいなのか、なかなか思ったように発育せず、フォリルモンPの注射だけでも17回通院しました。これには医師も「長くかかりましたね」と同情のご様子。

 

私は正社員として働いていますので、治療と仕事との両立がとても難しく、連日の通院は本当に辛かったです。

幸い、私の所属している部署は比較的フレックスや有給取得の融通が利きやすいのでなんとか乗り切れましたが、営業職やタイトなスケジュールの仕事をしている方たちにとって両立はかなり厳しいだろうと思います。

治療のために退職せざるを得ない人たちが大勢いることも身をもって実感しました。

 

そうして本日晴れて?採卵日当日を迎えました!

病院の診察時間は12時半でしたので、12時まで会社で仕事をし、午後は休暇。お昼休みになると同時に会社の前からタクシーを拾って病院へ急行。地味な出費です。

 

まずは、採卵の前に内診です。

超音波で採卵可能な卵胞があるか確認してもらいます。その後、膣内に麻酔スプレーをシュッシュッシュッッと噴霧され、これまた麻酔を含ませた綿球を挿入されます。

麻酔は痛くはありませんでしたが、すごくピリピリしました。医師に「ピリピリしますよ」と言われたのである程度身構えてはいましたが、予想の5倍くらいピリピリ。

例えるなら、しもやけで荒れまくった手に思いっきりアルコール除菌スプレーをふきかけた感じです。

しかも、めっちゃ垂れてくる~。このあと採卵まで少し時間が空くのでナプキン必須です。

ちなみにピリピリは15分くらいで収まりました。

内診と麻酔が終わると看護師さんから痛み止めの坐薬を渡されるので、こちらはセルフイン。あ~、嫌な感覚。

 

その後はだいたい30分ほどで処置室に呼ばれました。

処置台にあがり、血圧計と脈拍を図る装置を装着してもらいます。

何かの液体(水?)で膣内洗浄をされたあと、膣内に局所麻酔を実施。ここまではたいして痛みはありません。

 

・・・が!このあと始まる採卵が痛い!!!!

下から器材でグリグリ押されるのでズンズン突き上げられるような鈍痛が続きます。思わず「うわぁ~内臓がつぶれる~」と思うほど。※つぶれません。

しかも「あ、今右の卵巣やってるな」とか「今度は左か」とかなんとなく分かります。

大人だから痛いと騒いだりしませんでしたが、一人だったらキレてるレベルの痛さです。

 

気を紛らわすために心の中で「卵ちゃんんたち~がんばれ~!先生もがんばれ~!!!」と唱えていました。


採卵にかかった時間は30分くらいだったと思います。

結果、採取できた卵は3個。ネットでは「20個とれました」みたいな方たちもいる中、そしてそんなに沢山採取できても成果がでない方たちが大勢いる中、たったの3個というのがとても不安ですが、量より質だと言い聞かせています。質よくあれ!!!


処置室から車椅子でベッドのある診察室に移動し、一時間弱安静にして、再び内診で異常がないことを確認してもらい本日の診察は全て終了となりました。


今日は、夫の精子も提出しましたので、次回通院時には受精がうまくいったかどうか分かると思います。ドキドキするな~。


今後も引き続きレポートしていきますので、ぜひ興味のある方は読者登録お願いします!